Contents
〒690-0816
松江市北陵町1番地
 テクノアークしまね1F
■ TEL:0852-60-5146
■ FAX:0852-60-5148




トップページ > 協会からのお知らせ > 『島根知財塾』を開催します  

『島根知財塾』を開催します  

muryou


知的財産とは特許権や商標権だけでなく、権利化されていなくても会社の創意工夫により生まれた全ての経営資源のことを含み、自社の強みとしてどの会社にもあるものです。
本講座では、その自社の強み=『知財』を“見える化”することにより経営課題解決の手段としての活用について検討いただきます。

こんなお悩みをお持ちの島根県内中小企業の皆様のご参加をお待ちしております!


・特許権や商標権があまり会社の役に立っているとは思えない。
・独自の技術や商品があるが、顧客に上手く理解されない。
・当社には独自のノウハウがあると思うが、特許と言われてもピンとこない
・「知的財産」という言葉が気になるが、どこから始めてよいか分からない。
・自社の強みを客観的に整理し経営に活かしたい。

講師紹介

 土生特許事務所 弁理士 土生哲也 氏
   1989-2001年日本政策投資銀行に勤務、主にベンチャーファイナンスを担当し、中小・ベンチャー企業の事情に詳しい。
   2001年の開業後は知財実務の他、特許庁等の中小企業関連の委員を歴任して多くの中小企業の調査や支援に携わり
   多くの先進事例を紹介するセミナーは全国各地で好評を博している。
   主な著書に、「元気な中小企業はここが違う!」(金融財政事情研究会)他。

    
 木戸弁理士事務所 弁理士 木戸基文 氏
   江田島(広島)のみかん農家に生まれる。愛媛大学大学院(農学)修了後、広島市役所で農業指導・農産物ブランド化、
   植物公園の運営・企画を担当し、農業・地域振興に詳しい。在職中に弁理士資格を取得し上京、大手事務所での修行を
   経て独立。独立後は中小企業を専門に特許・商標出願を行う他、特許庁等の中小企業関連の委員・農林水産省「農業
   技術の匠」選定委員を歴任、公務員向けweb教材の開発も手掛ける。セミナーが分かりやすいと人気を集めている。

会 場

カリキュラム

第1回

平成28年11月22日(火)

13:30~15:30

『知財の8つの効果と活用事例』 講師:土生弁理士
キックオフセミナー(10/12開催予定)の復習に加え、先進企業の事例や仮想のケーススタディで知財の活用についての基本的な考え方を整理したうえで、自社が知財活動に取組む目的について考えます。

第2回
第3回

平成28年12月13日(火)

10:00~12:00
13:00~15:30

(午前の部)『知的財産って?』 ~知財の見える化の意義~  講師:木戸弁理士
(午後の部)知財を経営に活かすには             講師:木戸弁理士
皆様の会社にもたくさんの「知財」があることを知っていただき、それを「見える化」することの意味について考えます。また、グループワークを通じ具体的事例をもとに知財の経営への活かし方を整理します。

最終回

平成29年2月14日(火)

14:00~17:00

『知財を活用したプランの発表』     講師:木戸・土生両弁理士
第3回までの講座及び個別指導を踏まえ、受講者に知財=「自社の強み」を活かした課題解決の方策、ビジネスプランを発表いただき、塾生同士の意見交換や講師のコメントで理解を深めます。

個別企業訪問

要調整

要調整

『個別具体的な課題への対応』      講師:土生・木戸両弁理士
第3回終了から最終回の発表までの間に、2名の講師が参加企業を個別訪問し、それぞれの課題への対応と発表に向けた整理を行います。


詳 細

募  集  5社程度(業種不問。同業種からの受講は1社とします)
受 講 料  無 料
受講条件 〇原則キックオフセミナーを受講していること。
      (金融機関からの紹介をのぞき、未受講の場合はご相談ください。)
      〇カリキュラムに全て参加できること。

受講選考 個別にお話を聞いたうえで参加者を決定します

※キックオフセミナー:10/12(水)13:30~15:30テクノアークしまねにて開催予定。

お申し込み ※申込書に必要事項を記載のうえ、下記事務局までお申し込み下さい

一般社団法人島根県発明協会  / 松江市北陵町1番地 テクノアークしまね
担当:知野見(ちのみ)・岸本 / TEL:0852-60-5146 FAX:0852-60-5148
               / E-mail:chizai@joho-shimane.or.jp


             

 《主催》島根県・公益財団法人しまね産業振興財団・一般社団法人島根県発明協会
 《後援》(予定)株式会社日本政策金融公庫・株式会社山陰合同銀行・株式会社島根銀行